研究業績一覧


PDFファイルを見るには, Acrobat Readerが必要です

著書

  1. 田中 豊・中西寛子・姫野哲人・酒折文武・山本義郎, 日本統計学会(編),改訂版 日本統計学会公式認定 統計検定2級対応 統計学基礎,東京図書 (2015/12/10)
  2. 山本義郎・藤野友和・久保田貴文,Rによるデータマイニング入門,オーム社 (2015/11/21)
  3. 山本義郎・鳥越規央,統計学序論,東海大学出版会 (2013/6/5)
  4. 山本義郎・飯塚誠也・藤野友和,統計データの視覚化,共立出版 (2013/5/23)
  5. 山本義郎,(分担 松原 望・美添泰人 編)「 統計応用の百科事典」丸善出版株式会社 (2011/10/26)
  6. Yosihro Yamamoto, Masaya Iizuka and Tomokazu Fujino, Web-based statistical graphics using XML technologies, (C. Chen, W. Heardle and A. Unwin eds.) "Handbook of Data Visualization", Springer, 757-789 (2008/2)
  7. 道家暎幸・土井 誠・山本義郎・鳥越規央,確率統計序論 第二版,東海 大学出版会 (2008/1)
  8. 山本義郎,ビジネスグラフ,(分担 杉山高一・藤越康祝・国友直人 編)「 統計データ科学事典」朝倉書店 (2007/6/28)
  9. 山本義郎,統計ソフトウェア,(分担 日本バイオインフォマティクス学会〈JSBi学会〉編)「 バイオインフォマティックス事典」共立出版 (2006/6/22)
  10. 山本義郎, レポートプレゼンに強くなる グラフの表現術, 講談社現代新書 (2005/2/20)
  11. 水田正弘・山本義郎・南 弘征・田澤 司, S-PLUSによるデータマイニング入門, 森北出版 (2005/1/20)
  12. 垂水共之 監訳,森 裕一・中野純司・鎌倉稔成・山本義郎・宿久 洋 訳, 統計解析環境XploRe-アプリケーションガイド-, 共立出版, (2003/10/25)
  13. 垂水共之・越智義道・水田正弘・森 裕一・山本義郎 訳, データによるプログラミング-データ解析言語Sにおける新しい プログラミング-, 森北出版, (2002/1/30)
  14. 垂水共之 監訳,森 裕一・山本義郎・宿久 洋・中野純司 訳, 統計解析環境XploRe-ラ-ニングガイド-,共立出版 , (2001/7/10)
  15. 垂水共之・山本義郎, 合否入れ替わり率,「大学入試データの解析」, (分担:柳井晴夫・前川眞一編),現代数学社, (1999/12/20).

論文発表・国際会議(査読あり)

     
  1. 山田実俊・山本義郎,対応分析を用いたアソシエーションルールによるアンケート結果の可視化,データ分析の理論と応用,2015 (採択)
  2. T. Funayama, Y. Yamamoto, M. Tomita, Y. Kajita, S. Tajima, K. Utsu, O. Uchida, Disaster Mitigation Support System using Web Services and SNS Information, 2015 13th International Conference on ICT and Knowledge Engineering, 42-48, 2015. DOI: 10.1109/ICTKE.2015.7368469
  3. S. Yamada, T. Funayama, Y. Yamamoto, Visualization of relations of stores by using Association Rule Mining, 2015 13th International Conference on ICT and Knowledge Engineering, 11-14, 2015. DOI: 10.1109/ICTKE.2015.7368463
  4. Y. Kameoka, K. Yagi, S. Munakata, Y. Yamamoto, Customer Segmentation and Visualization by Combination of Self-Organizing Map and Cluster Analysis, 2015 13th International Conference on ICT and Knowledge Engineering, 19-23, 2015. DOI: 10.1109/ICTKE.2015.7368465
  5. H. Hibi, Y. Kameoka, S. Uchiyama, Y. Yamamoto, Visualization of attack and analysis of play affect goal in soccer game, 2015 13th International Conference on ICT and Knowledge Engineering,15-18, 2015. DOI: 10.1109/ICTKE.2015.7368464
  6. K. Kono and Y. Yamamoto, Visualization of baseball player's defensive range using a probability ellipse, 2015 13th International Conference on ICT and Knowledge Engineering, 38-41, 2015. DOI: 10.1109/ICTKE.2015.7368468
  7. 折居茂夫・山本義郎,シンプレックス法を用いた非負のモデルパラメータを持つ並列処理時間モデルの予測力向上,情報処理学会論文誌,56巻6号,1481-1495,2015
  8. 中村智洋・八木圭太・山本義郎・道家暎幸, 用量反応試験において交互作用を検出するための逐次型多重比較法, 日本統計学会誌, Vol. 44, No. 2, 315-339, 2015.
  9. T. Nakamura, Yoshiro Yamamoto and H. Douke, Sequential Hypothesis Tests for Identifying the Minimum Dose with a Threshold Effect, Communications in Statistics - Simulation and Computation (accepted 2014) DOI:10.1080/03610918.2014.884588
  10. T. Funayama, Y. Yamamoto, M. Tomita, O. Uchida, Y. Kajita, Disaster Mitigation Support System Using Twitter and GIS, 2014 12th International Conference on ICT and Knowledge Engineering, 18-23, 2014. DOI:10.1109/ICTKE.2014.7001528
  11. Y. Kameoka, Y. Yamamoto, Visualization of process of shoot and goal in soccer games, 2014 12th International Conference on ICT and Knowledge Engineering, pp.12-17, 2014. DOI:10.1109/ICTKE.2014.7001527
  12. Y. Yamada, Y. Yamamoto, The visualization of relationship of age and gender to multiple choice questions, 2014 12th International Conference on ICT and Knowledge Engineering, 6-11, 2014. DOI:10.1109/ICTKE.2014.7001526
  13. K. Yagi, T. Funayama, and Y. Yamamoto, The digitizing of the characteristic and visualization of the wave of the condition of batter of the professional baseball, 2014 12th International Conference on ICT and Knowledge Engineering, 43-47, 2014. DOI:10.1109/ICTKE.2014.7001533
  14. S. Yamada, S.Munakata, K.Yagi and Y.Yamamoto,Visualization of zone activity and possession in soccer games,2013 11th International Conference on ICT and Knowledge Engineering, 2013,46-49,DOI:10.1109/ICTKE.2013.6756274
  15. K. Yagi, T. Funayama, Y. Yamamoto, and Y. Hoshi,Use of stand-alone and web-based systems for DNA analysis,2013 11th International Conference on ICT and Knowledge Engineering, 2013,43-45,DOI:10.1109/ICTKE.2013.6756273
  16. B. Zhao and Y.Yamamoto, Comparison of Numerical Computations of Multivariate Normal Integration, Ishigaki International Conference on Modern Statistics Theories, Practices, and Education in the 21st Century, (2013/11)
  17. Y. Yamamoro, Clustering for Large Data Sets: Computation and Visualization, ISBIS-2012 International Symposium on Business and Industrial Statistics , International Society for Business and Industrial Statistics (2012/6)
  18. T. Fujino and Y. Yamamoto, Statistical Graphics for Spatial Clustering Based on Inter-temporal Variation, Analysis and Modeling of Complex Data in Behavioural and Social Sciences, JCS-CLADAG12, USB memory (2012/9)
  19. T. Korikawa and Y. Yamamoto, Calculation methods and Graphical expression of two-step cluster analysis, Joint meeting of the 2011 Taipei international statistical symposium and 7th conference of the Asian regional section of the IASC, (2011/12)
  20. T. Fujino and Y. Yamamoto, Visualization Tools for Feature Extraction of Order Fluctuations, Joint meeting of the 2011 Taipei international statistical symposium and 7th conference of the Asian regional section of the IASC, (2011/12)
  21. T. Fujino and Y. Yamamoto, Application of the Parallel Coordinate Plot for Ranking Comparison between Two Groups, 58th World Statistics Congress, USB memory (2011/9)
  22. T.Imada and Y.Yamamoto, Multivariate one-sided multiple comparison procedure with a control based on the approximate likelihood ratio test, Biometrical Journal, 52(6) 771-783 (2010) DOI:10.1002/bimj.200900203, PMID:20799284
  23. H. Yamaya, Y.Yamamoto and T.Imada, Computation of The Critical Value and Power Comparison of the Multivariate Analogue of The One-Sided Tests, Collected Papers of The 10th China-Japan Symposium on Statistics, 306-309 (2010)
  24. T. Ikeya, Y. Yamamoto, T. Nakamura and H. Douke, Simulation Study of Adaptive Group Sequential Procedure for Changing Sample Size, JKSC2010 (Joint meeting of Japan-Korea Special Conference of Statistics and the 2nd Japan-Korea Statistics Conference of Young researchers) (2010)
  25. T. Imada, H. Douke and Y. Yamamoto, Computation of the critical value for pairwise comparisons and the power of the test in multiple comparison procedure with a control for multivariate one-sided test, MCP2009, 66-66 (2009)
  26. T. Nakamura, H. Douke and Y. Yamamoto, A comparative study on group sequential procedure under unknown variance, MCP2009, 56-56 (2009)
  27. T. Nakamura, H. Douke and Y. Yamamoto, A Study on Group Sequential Procedure under Unknown Variance, IASC2008, 1233-1240 (2008)
  28. 中村智洋・道家暎幸・山本義郎,用量反応試験のための逐次型多重比較法の開発と比較研究, 計算機統計学, 20(1,2), 33-47. (2007)
  29. Y. Yamamoto, Y. Mori, H. Yadohosa and T. Fujino, A System Providing Statistical Contents for e-learning, ISBIS-2008 International Symposium on Business and Industrial Statistics, 80-80 (2008)
  30. T. Nakamura, H. Douke and Y. Yamamoto, A Comparative Study on Sequential Multiple Comparison Procedure for Dose Response Test, Bulletin of the 9th Japan-Chana Symposium on Statistics, 195-200 (2007)
  31. S. Asaoka and Y. Yamamoto, Numerical Computation of Multivariate Normal Integration, Bulletin of the 9th Japan-Chana Symposium on Statistics, 9-12 (2007)
  32. Y. Yamamoto, Numerical computation of multivariate normal distribution and it's application for group sequential tests, Bulletin of the International Statistical Institute 56th session, (2007) (CD-ROM)
  33. Y. Yamamoto, Visualization of clustering results for regional analysis, The 72nd annual meeting of the Psychometric society, (2007)
  34. 山本義郎・飯塚誠也・藤野友和, XMLによるインタラクティブな統計グラフ-Webベ-スの統計環境への活用-, 統計数理 第55巻1号, (2007) 3-25
  35. 森 裕一・山本義郎・宿久 洋・本多啓介, 教育・学習支援のためのデータ指向統計解析環境, 日本統計学会誌, 第36巻 シリーズJ 第2号, 327-347 (2006)
  36. 山本義郎・藤野友和, 統計学におけるXMLの利用, 計算機統計学, 第18巻第2号, 165-177. (2006)
  37. Mori, Y., Yamamoto, Y., and Yadohisa, H., Data collection and document generation system for data-oriented approaches, COMPSTAT2006 Proceedings in Computational Statistics, 1633-1640 (2006).
  38. Y. Yamamoto, H. Yadohisa and T. Fujino, (2005). Interactive Graphical Representation using SVG and X3D. Proceedings of the 5th IASC Asian conference on Statistical Computing, 191-194.
  39. Y. Yamamoto and H. Yadohisa, Interactive visualization of clustering result with MDS or PCA, Japan-German Joint Symposium on Classification, (2005)
  40. Y. Yamamoto, An optimum linear test statistic of the homogeneity against the simple loop order on a (p, q) array, MCP2005 Shanghai, (2005)
  41. Y. Yamamoto, M. Iizuka and T. Fujino, Consideration for Developing Environments of Web-based Interactive Statistical Graphics, International Statistical Institute, 55th session 2005, (2005) (CD-ROMOC)
  42. Y. Mori, K. Honda, H. Yadohisa and Y. Yamamoto, Interactive analysis system on the web for data-oriented approaches, International Statistical Institute, 55th session 2005, (2005) (CD-ROM)
  43. T. Fujino, Y. Yamamoto and T. Tarumi, Possibilities and Problems of the XML-based Graphics in Statistics, COMPSTAT2004 Proceedings in Computational Statistics, 1043-1052(2004)
  44. Honda, K., Yamamoto, Y., Yadohisa, H. and Mori, Y., Web-based analysis system in data oriented statistical system, COMPSTAT2004 Proceedings in Computational Statistics, 1209-1216 (2004).
  45. Y. Mori, T. Fujino, Y. Yamamoto, T. Tarumi, XML-based Applications in Statistical Analysis, Proceedings of Interface 2004: Computational Biology and Bioinformatics, 36th Symposium on the Interface. (2004) (Invited paper)
  46. 山本義郎, インターネット時代の計算機統計学, 計算機統計学, 第15巻 第2号 283-299 , (2004)
  47. Y. Mori, Y. Yamamoto and H. Yadohisa, Data-oriented Learning System of Statistics based on Analysis Scenario/Story (DoLStat), Bulletin of the International Statistical Institute, 54th Session Proceedings Volume LX Two Books, Book 2, 74-77.(2003)
  48. Y. Yamamoto, T. Inoue, and H. Yadohisa, Data Representation System Intended for Statistical Education, Proceedings of Computational Statistics 2002: Short Communications and Posters. (2002).
  49. T. Inoue, Y. Asahi, H. Yadohisa and Y. Yamamoto, A statistical data representation system on the Web, Computational Statistics, 17(3), 367-378, (2002).
  50. Mori, Y., Watadani, S., Yamamoto, Y., Tarumi, T. and Tanaka, Y. (2002). Statistical software SAMMIF for sensitivity analysis in multivariate methods. Nishisato, Y., Baba, H., Bozdogan, H., Kanefuji, K. (eds), Measurement and Multivariate Analysis, 279-288, Springer-Tokyo.
  51. 山本義郎、垂水共之、佐藤義治, VRMLを利用した統計グラフ表現, 統計数理, 第49巻第2号, 293-303, (2001)
  52. Y. Yamamoto, Statisitical Graphics in the internet age, 53rd Session of the International Statistical Institute, Contributed Papers, 3, 193--194, (2001).
  53. 山本義郎、水田正弘, 非線形多次元データ解析への計算機統計的アプロー チ, 計算機統計学, 第13巻第1号, 59-70. (2000)
  54. T.Inoue, Y. Asahi, Y. Yamamoto and H. Yadohisa, Controlling the data representation via analyzing and visualizing system on the Web. Proceedings of the Tenth Japan and Korea Joint Conference of Statistics, 89-94, (2000).
  55. A. Kudo and I-M. Sudiarsa and Y. Yamamoto, Geometric consideration on the simple loop althernative, Proceedings of the Seventh Japan-China Symposium on Statistics,385-388 (2000)
  56. H. Yadohisa, Y. Yamamoto: Visualization of cubic (one-way, three-mode) dissimilarity data by using multidimensional scaling, Machine GRAPHICS and VISION,9,243-249 (2000)
  57. 南 弘征、山本義郎、水田正弘、森 裕一、栗原考次, インターネットを 介した統計パネル討論の試行, 計算機統計学, 第12巻第2号, 137-143. (2000)
  58. Y. Mori, Y. Yamamoto, S. Watadani, M. Odaka, T. Tarumi, and Y. Tanaka, Statistical Software SAMMIF for Sensitivity Analysis in Multivariate Mehtods,International Conference on Measurement and Multivariate Analysis, 147-151. (2000)
  59. 山本義郎、南 弘征、水田正弘、佐藤義治, 動的な対散布図のJavaによる実装について, 計算機統計学, 第11巻第2号, 113-119. (1999)
  60. Y. Yamamoto, and T. Tarumi, Implementation of Script Server to Support Statistical Service on the Web, Bulletin of 52nd Session of the International Statistical Institute, Contributed Papers, 3, 483-484 (1999) PFD file
  61. 山本義郎、垂水共之, Web上の統計解析システムの構築 - CGIによる統計処理とグラフ描画の実装-, 計算機統計学, 第11巻第1号, 45-50. (1998) PFD file 1999.4月発行
  62. 山本義郎、垂水共之, 合否入れ替わり率解析システム: SRAS, 行動計量学, 第25巻第2号 (通巻49号), 93-99. (1998) 1998.9発行
  63. Y. Yamamoto, and T. Tarumi, DASID - Data Analysis System Including Data Dictionary, Proceedings in Computational Statistics, Physica-Varlag, 129-130, (1998)
  64. Y. Yamamoto, and T. Tarumi, Data Analysis System Including Data Dictionary, Proceeding of The Ninth Korea and Japan Joint Conference of Statistics: Multivariate Analysis and Computing, 174-178 (1997)
  65. Y. Mori, Y. Yamamoto, S. Watadani, M. Odaka, T. Tarumi, and Y. Tanaka, Statistical Software SAMMIF -Sensitivity Analysis in Multivariate Methods Based on Influence Functions-, Proceeding of The Ninth Korea and Japan Joint Conference of Statistics: Multivariate Analysis and Computing, 179-185 (1997)
  66. 森 裕一、山本義郎、渡谷慎吾、尾高好政、垂水共之、田中 豊, 感度分析プログラム SAMMIF, 計算機統計学, 第10巻第2号, 145-153. (1997) PFD file
  67. Y. Yamamoto, A. Kudo and K. Ujiie, Computation of the Statistics and the Significance Probability in the Multivariate analogue of the one-sided test, Journal of the Japanese Society of Computational Statistics, 10, 89-97 (1997) PFD file
  68. Y. Yamamoto, and T. Tarumi, Data Analysis System Using Data Dictionary, Bulletin of 51st Session of the International Statistical Institute, Contributed Papers, 2, 39-40 (1997)
  69. Y. Yamamoto, On the accuracies of Sun's method of computing orthant probabilities, The Fifth Japan-China Symposium on Statistics, University Education Press, 320-323 (1994)
  70. A. Kudo, K. Ujiie, and Y. Yamamoto, Restudy of the multivariate analogue of the one-sided test, Contributed Paper of the XVIIth International Biometric Conference, 62-62, 1994.



国際会議(査読無し)

  1. B. Zhao and Y. Yamamoto, Association rules by using user attributes, Kyoto International Conference on Modern Statistics in the 21st Century. (Poster, 2014/11)
  2. S. Yamada and Y. Yamamoto, A Visualization of multiple answer questions for questionnaire survey using customer attributes, The Fourth TKU-KMITL Joint Symposium on Mathematics and Applied Mathematics (MAM2014), poster (2014/3)
  3. S. Munakata and Y. Yamamoto, Analysis of customer preferences using a multivariate analysis technique ,The Fourth TKU-KMITL Joint Symposium on Mathematics and Applied Mathematics (MAM2014), poster (2014/3)
  4. T. Funayama and Y. Yamamoto, Analysis of batter's condition change using moving OPS, The Fourth TKU-KMITL Joint Symposium on Mathematics and Applied Mathematics (MAM2014), poster (2014/3)
  5. K. Yagi and Y. Yamamoto, Quantification of the characteristic of the batter of baseball player using OPS according to the situation and Utilization to analysis, The Fourth TKU-KMITL Joint Symposium on Mathematics and Applied Mathematics (MAM2014), poster (2014/3)
  6. B. Zhao and Y. Yamamoto, Apriori algorithm and its application, The Fourth TKU-KMITL Joint Symposium on Mathematics and Applied Mathematics (MAM2014), poster (2014/3)
  7. Yamamoto, Y., Iizuka, M. and Fujino, T., XML-based statistical graphics using Web technologies, Workshop on Data and Information Visualization 2006
  8. Yamamoto, Y., Yadohisa, H. and Mori, Y., Web-based Data and Story Database for Statistical Education, The 2nd International Symposium on Mathematical, Statistical and Computer Sciences, 404-409 (2005)
  9. Mori, Y., Honda, K., Yamamoto, Y. and Yadohisa, H, Data-oriented Statistical System "DoSS@d" for Statistical Education. Proceedings of the Spring Conference of Korea Statistical Society, 299-304, May 2004, Chonbuk National University, Korea.
  10. A. Kudo, Y. Yamamoto, and K. Ujiie, The Accuracy of Significance Level Computation in the Multivariate Analog of the One-sided Test, Programme 1997 International Symposium on Contemporary Multivariate Analysis and Its Applications, 87-87 (1997)


講演等

  1. RStudioによるドキュメンテーションとプレゼンテーション, 第6回 計算機統計セミナー, 2014年12月
  2. 「資料の活用」における統計的思考について, 相模原市立中学校数学科研究部会, 2014年11月
  3. 「データの分析」における統計的思考について,滋賀県高等学校教育教育研究会数学部会総会における講演,2014年6月,滋賀県立彦根工業高等学校
  4. 医学統計研究会 特定主題シンポジウム2013「臨床評価における用量反応関係の推測」,「Rによる用量反応関係の評価」,2013年6月6日,ちよだプラットフォームスクウェア
  5. 医学統計研究会 特定主題シンポジウム2007「臨床評価における計算環境Rとその周辺」,「計算環境Rとそれに基づく統計実践」,2008年 12月22日,大阪大学
  6. 日本行動計量学会第11回春の合宿セミナー
    「データ解析入門-EXCELとRを用いた統計分析」2008年 3月30-31日, 多摩大学
  7. 医学統計研究会 特定主題シンポジウム2006「臨床評価における計算環 境Rとその周辺」,「計算環境Rとそれに基づく統計実践」,2007年3月17 日,TKP新宿モノリスB1大会議室
  8. ISM オープ ンフォーラム データの可視化と統計科学 第1回「統計グラフの描き方・読み方」 2006年10月20日 統計数理研究所
  9. 統計サマーセミナー 2006 チュートリアル「Rによるデータマイニング」, 2006年8月5 日, 秩父
  10. 日本行動計量 学会第九回春の合宿セミナー
    「S-PLUS入門」「Visual Mining Studioによるデータマイニング入門」, 2006年 3月16日, 同志社大学
  11. 2005年度統計関連学会連合チュートリアルセミナー
    「Rによる経済・経営データの分析」,2005年9月12日, 広島市
  12. 日本統計学会第8回チュートリアルセミナー
    「非線形多次元データ解析」,2000年7月25日, 北海道大学
  13. 日本行動計量学会第27回チュートリアルセミナー
    「行動計量に役に立つフリーソフトウェア」,1999年9月, 岡山商科大学 (テキストのPFD file)

その他の論文・報告書


学会講演口頭発表
  1. 梅澤和夫・山本義郎・山田実俊・浅井さとみ・橋本昌宜・宮地勇人・猪口貞樹,使用抗菌薬による緑膿菌薬剤耐性誘導のリスク評価,第43回日本救急医学会総会・学術集会,2015年10月
  2. 亀岡 瑶・山田実俊・日比 颯・山本義郎, プレー詳細データの要約値に基づくサッカーゲームの分類 , 日本分類学会第33回大会, 2015年3月
  3. 山本義郎・宗像昌平, アンケートの可視化と回答傾向の分類 , 日本分類学会第33回大会, 2015年3月
  4. 池上拓人・八木圭太・船山貴光・山本義郎, セイバーメトリクスの指標を用いた打者の分類 , 日本分類学会第33回大会, 2015年3月
  5. 山田実俊・山本義郎, 対応分析を用いたアソシエーションルールによるアンケート結果の可視化, 日本分類学会第33回大会, 2015年3月
  6. 宗像昌平・山本義郎, 顧客層ごとのアンケート回答傾向の可視化の比較 , 日本計算機統計学会第28回シンポジウム, 2014年 11月
  7. 八木圭太・中村智洋・山本義郎・道家暎幸, 用量反応試験における交互作検出のため逐次型多重比較法での積分方式の改良, 日本計算機統計学会第28回シンポジウム, 2014年 11月
  8. 梅澤和夫・山本義郎・浅井さとみ・橋本昌宜・宮地勇人・猪口貞樹,アソシエーション分析による 緑膿菌における薬剤耐性獲得の解析,第42回日本救急医学会総会・学術集会,2014年10月
  9. 山田実俊・山本義郎, SSHアンケートの可視化による生徒の SSH活動への興味 ・ 関心の分析, 日本行動計量学会第42回大会, 2014年 09月
  10. 宗像昌平・山本義郎,アンケート集計結果の可視化と設問のクラスタリング,応用統計学会2014年度年会,統計数理研究所,2014年5月
  11. 船山貴光・山本義郎,移動 OPS による打者の調子の波の可視化,応用統計学会2014年度年会,統計数理研究所,2014年5月
  12. 八木圭太・山本義郎,プロ野球打者の特徴の数値化と分類,日本計算機統計学会第28回大会,中央大学,2014年5月
  13. 山田実俊・山本義郎,多肢選択アンケートのメディア層の反応の可視化,日本計算機統計学会第28回大会,中央大学,2014年5月
  14. 亀岡 瑶・船山貴光・宗像昌平・山田実俊・八木圭太・山本義郎,条件付きアソシエーションによる購入の特徴抽出,日本計算機統計学会第28回大会,中央大学,2014年5月
  15. 宗像昌平・山田実俊・船山貴光・八木圭太・趙 斌・亀岡 瑶・山本義郎,アンケートの可視化によるメディア層の嗜好の分析,日本計算機統計学会第28回大会,中央大学,2014年5月
  16. 折居茂夫・山本義郎,規模100倍の並列処理の実行時間を予測するモデル構築方法,第144回ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会,独立行政法人海洋研究開発機構 横浜研究所 三好記念講堂,2014年5月(http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/event/hpc144.html, http://id.nii.ac.jp/1001/00101385/)
  17. 八木圭太・山本義郎,プロ野球打者の特徴による分類,日本分類学会第32回大会,2014年 03月
  18. 宗像昌平・山本義郎,カーネル密度推定を用いたクーポン共同購入サイトの解析,日本計算機統計学会第27回シンポジウム,熊本市,2013年11月
  19. 折居茂夫・山本義郎,限量記号消去法を用いた回帰モデルの予測力向上,第139回ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会, 東京大学柏の葉キャンパス,2013年5月(http://id.nii.ac.jp/1001/00092429/)
  20. 山本義郎・山田実俊・宗像昌平・八木圭太・郡川貴子,購買データとログデータの分析,日本計算機統計学会第26回大会 ,2012年5月
  21. 郡川貴子・山本義郎, クラスタリングの計算の効率化と 視覚的表示法について, 日本分類学会第29回研究報告会, 2011年8月, 同志社大学
  22. 郡川貴子・山本義郎, 二段階クラスタリングの計算方法の提案, 応用統計学会2011年度年会, 2011年6月, 大阪大学
  23. 郡川貴子・山本義郎, 大量データに対するクラスタリングの視覚的表示方法に対する提案, 日本計算機統計学会第25回大会, 2011年5月, 函館
  24. 山本義郎・内田 理・川野辺裕幸・押野谷康雄・高橋宏明, 初年次入門ゼミの必修化と入学前教育, 初年次教育学会第3回大会, 2010年9月, 東京高千穂大学
  25. 山本義郎, ICTを活用したジェネリックスキル(汎用的能力)育成の教育プログラム, 教育改革ICT戦略大会, 私立大学情報教育協会, 2010年9月, 東京
  26. 郡川貴子・山家仁美・池谷利治・山本義郎, データ解析コンペ:チーム3研の報告, データカフェとスタディグループの活動について, 日本計算機統計学会第24回大会,2010年5月,統計数理研究所(立川)
  27. 山本義郎, データカフェとスタディグループの活動について, データカフェとスタディグループの活動について, 日本計算機統計学会第24回大会,2010年5月,統計数理研究所(立川)
  28. 山家仁美・山本義郎, 多変量正規片側検定問題の棄却限界の計算法と検出力の評価, 日本計算機統計学会第24回大会,2010年5月,統計数理研究所(立川)
  29. 森 裕一・藤野友和・宿久 洋・山本義郎・黒田正博,統計コンテンツ提供システムの開発と補強,数学教育学会2009年度秋季例会,2009年9月25-27日,大阪大学
  30. 山本義郎・川野辺裕幸・高橋宏明・内田理,ゼロセメスターからの初年次教育,初年次教育学会第2回大会,2009年9月19-20日,関西国際大学(尼崎)
  31. 中村智洋・山本義郎・道家暎幸,Adaptive群逐次デザインの検討課題,2009年度統計関連学会連合大会,2009年9月9月5-8日,同志社大学
  32. 村田信一・若林敏雄・佐藤実・緒方道郎・川野辺裕幸・山本義郎・佐藤邦夫・笹木満・喜友名浩史・中津川平伍・土本芳則・石田裕次,eラーニングによる入学前学習とその支援,リメディアル教育学会第5回全国大会,2009年9月1-2日,千歳科学技術大学
  33. 今田恒久・山本義郎,対比較で多変量片側検定を行うDunnett型多重比較法の棄却限界値と検出力の計算,日本計算機統計学会第23回大会,2009年 5月,福岡女子大学
  34. 池谷利治・中村智洋・山本義郎・道家暎幸,適応性のある群逐次検定方式とその周辺課題,日本計算機統計学会第23回大会,2009年 5月,福岡女子大学
  35. 中村智洋・道家暎幸・山本義郎, Adaptive群逐次検定方式の一考察, 第22回日本計算機統計学会シンポジウム, 2008年11月, 鎌倉芸術館
  36. 川野辺裕幸・押野谷康雄・山本義郎・園田由紀子・尾崎由佳,初年次教育と学士力(多様な入学生に教育の質をどう保証するか),初年次教育学会第1回大会,2008年11月(玉川大学関西国際大学)
  37. 中村智洋・道家暎幸・山本義郎, Adaptive群逐次検定方式の検討, 2008年度統計関連学会連合大会, 2008年9月, 慶應義塾大学(矢上キャンパス)
  38. 宿久 洋・山本義郎・藤野友和・黒田正博・森 裕一, eラーニングのための統計コンテンツ提供システム, 2008年度統計関連学会連合大会, 2008年9月, 慶應義塾大学(矢上キャンパス)
  39. 中西寛子・深沢弘美・山本義郎・竹内光悦・大森拓哉, 統計教育における統計グラフ教育の現状,日本行動計量学会第36回大会, 2008
  40. 山本義郎・鈴木聡史, 階層クラスターbiplot表示, 日本分類学会第24回研究報告会, 2008年3月, 多摩大学ルネッサンスセンター
  41. 森 裕一・山本義郎・宿久 洋,統計学習コンテンツの評価システム構築 の試み,2008年度数学教育学会春季年会, 2008 年3月,近畿大学
  42. 中村智洋・道家暎幸・山本義郎, Adaptive群逐次検定方式について, 第21回日本計算機統計学会シンポジウム, 2007年11月, 鎌倉芸術館
  43. 鈴木聡史・山本義郎, 階層クラスタリング法の視覚化法について, 第21回日本計算機統計学会シンポジウム, 2007年11月, 鎌倉芸術館
  44. 久保田・藤野・山本, 統計科学におけるWebGISの活用とシステム構築, 2007年度統計関連学会連合大会, 2007年9月, 神戸大学
  45. 中村智洋・道家暎幸・山本義郎, 適応性のある群逐次検定方式の一考察, 2007年度統計関連学会連合大会, 2007年9月, 神戸大学
  46. 中村智洋・道家暎幸・山本義郎, 用量反応試験での効果最小用量を検出するための多重比較法, 第21回日本計算機統計学会大会, 2007年5月, 倉敷市芸文館(岡山県)
  47. 森 裕一・山本義郎,・宿久 洋,統計教育におけるデータ収集・登録機能の活用 -モバイル統計解析システム構築の試み-,2007年度数学教育学会春季年会, 2007 年3月,埼玉大学
  48. 山本義郎・藤野友和,Rを用いた統計解析Webアプリケーション, 日本計算機統計学会第20回シンポジウム,2006年10月,東京大学鉄門記念講堂
  49. 森 裕一・山本義郎・宿久 洋, データ指向統計環境Doss@dにおけるデータ収集・登録機能, 日本行動計量学会第27回大会, 2006年 9月, 聖学院大学
  50. 飯塚・山本・藤野, XMLを用いた対話的グラフ表示の試み, 2006年度統計関連学会連合大会, 2006年9月, 東北大学
  51. 山本義郎・宿久 洋, クラスタリング結果の探索的視覚化, 日本分類学会第22回研究報告会, 1-4, 2005年12月
  52. 上島・山本・宿久・森, 解析ストーリーに基づく統計学習システム, 2004年度数学教育学会 秋期年会, 2004年9月, 北海道大学
  53. 森・山本・宿久,統計調査の学習・実施のためのシステム作成, 2004 PC Conference, 2004年8月, 神戸
  54. 山本・本多・宿久・森, データ・ストーリーデータベースのための統計環境と Webテクノロジー, 第18回 日本計算機統計学会大会, 2004年5月, いわき市生涯学習プラザ (福島県)
  55. 藤野, 山本, 垂水, XMLグラフィックスの統計環境における活用, 第18回 日本計算機統計学会大会, 2004年5月, いわき市生涯学習プラザ (福島県)
  56. 山本, 宿久, 森, 統計データのデータベースと解析ストーリーの多角的 利用, 2004年度数学教育学会 春季年会, 2004年3月, 筑波 大学
  57. 本多, 森, 山本, 宿久, Webベース統計解析システムの開発, 第17回 日本計算機統計学会シンポジウム, 2003年11月, 御殿場市民会館
  58. 山本, 森, 宿久 ,データ(シナリオ/ストーリ)に基づく統計学習シス テムの構築, 2003年度統計関連学会連合大会, 2003年9月, 名城大学
  59. 山本, 森, 宿久 ,統計学習のためのオンラインシステムの作成, 2003 PC Conference, 2003年8月, 鹿児島
  60. 宿久, 山本, 森, データ・解析事例データベースの構築, 第17回 日本計算機統計学会大会, 2003年5月, 朱鷺メッセ(新潟)
  61. 井上達紀、山本義郎、宿久 洋、森 裕一, データ提示システムの構築 -XploRe のサーバ・クライアントシステムを利用して-, 2002年度統計関連学会, 2002年9月, 明星大学
  62. 井上達紀、宿久 洋、山本義郎, Webを利用した教育用統計デ-タ公開シ ステムの構築, 第69回日本統計学会大会, 2001年9月, 西南学院大学
  63. 工藤昭夫、I Made Sudiarsa、山本義郎, The multivariate analogue of the one sides test with unknown scale, 第69回日本統計学会大会, 2001年9月, 西南学院大学
  64. 米森 力、山本義郎、佐藤義治, データマイニングにおける相関ルールの視覚的表示, 第14回日本計算機統計学会シンポジウム, 2000年10月, 工学院大学,
  65. 山本義郎, Javaによる統計グラフコンポーネント, 第68回日本統計学会大会, 2000年7月, 北海道大学, 講演報告集 234-235
  66. 樋口和弘、山本義郎、佐藤義治, 動作データの解析-関数データ解析の探索的データ解析への利用-, 第68回日本統計学会大会, 2000年7月, 北海道大学, 講演報告集 376-377
  67. 工藤昭夫, I Made Sudiarsa, 山本義郎, Geometric Considerations on Simple Loop Alternative, 第14回日本計算機統計学会大会, 2000年 5月, 鹿児島
  68. 山本義郎, 垂水共之, Web における統計グラフィックスの活用, 日本行動計量学会第27回大会, 1999年 9月, 倉敷 PFD file ,発表論文抄録集 157-158
  69. 山本義郎、田中 潔、垂水共之, 行動圏調査の分析・提示システムの研究, 日本行動計量学会第27回大会, 1999年 9月, 倉敷 PFD file, 発表論文抄録集 131-132
  70. 山本義郎、垂水共之, VRML統計グラフィックス, 第67回日本統計学会大会, 1999年 7月, 岡山理科大学 PFD file, 講演報告集 275-276
  71. 渡谷慎吾、森 裕一、山本義郎、垂水共之、田中 豊, 感度分析プログラム SAMMIF - 手法の追加と機能の拡張 - , 第67回日本統計学会大会, 1999年 7月, 岡山理科大学, 講演報告集 69-70
  72. 南 弘征、水田正弘、垂水共之、馬場康維、栗原考次、森裕一、山本義郎, World Wide Web による統計科学情報の活用, 第67回日本統計学会大会, 1999年 7月, 岡山理科大学, 講演報告集 139-140
  73. 山本義郎, 工藤昭夫, An optimum linear test for testing homogeneity againt the loop order altherative on (p,q) array, 日本数学会 1998年度秋季総合分科会 統計数学分科会, 1998年 10月, 大阪大学
  74. 垂水共之, 山本義郎, 合否入試入れ替り率解析ソフトウェアについて, 日本行動計量学会第26回大会, 1998年 9月, 立教大学, 講演報告集 303-306
  75. 山本義郎, 垂水共之
    , Web を利用した統計解析, 日本行動計量学会第26回大会, 1998年 9月, 立教大学, 講演報告集 185-186
  76. 工藤昭夫, 山本義郎, Optimum linear statistic for testing homogeneity againt the loop order altherative on (p,q) array, 第12回日本計算機統計学会大会, 1998年 5月, 日立製作所(東京)
  77. 山本義郎、垂水共之, データ解析システム - DASID, 第11回日本計算機統計学会シンポジウム, 1997年 11月, 静岡市民文化会館
  78. 森 裕一、山本義郎、渡谷慎吾、尾高好政、垂水共之、田中 豊, 感度分析プログラム SAMMIF, 第11回日本計算機統計学会シンポジウム, 1997年 11月, 静岡市民文化会館
  79. 山本義郎、垂水共之, Webによるマイクロデータの利用の一方法 第65回日本統計学会大会, 1997年 7月, 大阪大学
  80. 山本義郎、垂水共之, データ辞書を利用したデータ解析システムの開発, 第11回日本計算機統計学会大会, 1997年 5月, 東海大学
  81. 森 裕一、山本義郎、渡谷真吾、尾高好政、垂水共之、田中 豊, 感度分析プログラム SAMMIF, 第11回日本計算機統計学会大会, 1997年 5月, 東海大学
  82. 山本義郎、垂水共之, データの記述とその応用, 第10回日本計算機統計学会シンポジウム, 1996年 11月, 札幌市教育文化会館
  83. 垂水共之、山本義郎, データ辞書を用いたデータ分析システム, 第64回日本統計学会大会, 1996年 9月, 幕張メッセ
  84. 山本義郎、垂水共之, 入試入れ替り率解析ソフトウェアについて, 日本行動計量学会第24回大会, 1996年 9月, 幕張メッセ
  85. 山本義郎、垂水共之, シソーラスを用いたデータの外れ値の検出, 第10回日本計算機統計学会大会, 1996年 5月, 広島大学
  86. 山本義郎、柳 貴久男、垂水共之, データ編集ユーティリティ De for Win, 第9回日本計算機統計学会シンポジウム, 1995年10月, 住商情報システム・東京
  87. 山本義郎、垂水共之, 二変量正規分布のconeの確率について, 第9回日本計算機統計学会大会, 1995年4月, 琉球大学
  88. 山本義郎、工藤昭夫、氏家勝己, 4次元象限確率の計算 日本数学会1994年度年会, 1994年3月, 神戸大学
  89. 工藤昭夫、山本義郎、氏家勝己, 多次元正規分布の平均ベクトルの片側検定のアルゴリズム, 日本数学会1994年度年会, 1994年3月, 神戸大学
  90. 山本義郎、工藤昭夫、氏家勝己, 四次元の象限確率の計算とその応用, 第7回日本計算機統計学会シンポジウム, 1993年11月, 大分富士通ラボラトリ
  91. 山本義郎、工藤昭夫、氏家勝己, マハラノビスの距離を用いた 多次元正規母集団の類似点と相違点の視覚的な表現, 第61回日本統計学会大会, 1993年7月, 金沢大学

シンポジウム等での口頭発表

  1. 八木圭太・中村智洋・山本義郎・道家暎幸, 用量反応試験における交互作用検出のための逐次型多重比較法の積分計算法と数値計算 , 西東京統計研究会, 2015年3月
  2. 宗像昌平・山本義郎, 対応分析と主成分分析によるアンケート可視化の比較, 西東京統計研究会, 2015年3月
  3. 山田実俊・山本義郎, 属性に特化した特徴抽出プロットによる SSH アンケートの可視化 , 西東京統計研究会, 2015年3月
  4. 亀岡 瑶・八木圭太・宗像昌平・山本義郎, 顧客分類における自己組織化マップの適用とその可視化 , 西東京統計研究会, 2015年3月
  5. 趙 斌・山本義郎, Association rules by using user attributes , 西東京統計研究会, 2015年3月
  6. 船山貴光・山本義郎, 多様な指標を用いた打者の調子の波の可視化と比較 , 西東京統計研究会, 2015年3月
  7. 池上拓人・八木圭太・船山貴光・山本義郎, 状況別の打撃成績による打者の分類 , 西東京統計研究会, 2015年3月
  8. 中嶋清香・緒方道郎・山本義郎・内田晴久・吉川政夫, 授業アンケートデータを用いた教育効果向上のための取り組み, 日本経営システム学会経営ネットワーク研究部会2014年度第3回研究部会, 2015年 3月
  9. 河野克哉・船山貴光・八木圭太・山本義郎, 打者の好調不調の原因分析と守備能力の分析, 第9回日本統計学会春季集会 , 2015年3月
  10. 日比 颯・亀岡 瑶・山田実俊・宗像昌平・山本義郎, サッカーにおける攻撃の可視化と得点に影響するプレーの分析, 第9回日本統計学会春季集会 , 2015年3月
  11. 山本義郎・梅澤和夫・浅井さとみ・橋本昌宜・宮地勇人・猪口貞樹, 抗菌薬使用による耐性菌の出現に関するデータマイニング, 北海道大学情報基盤センター第30回大規模データ科学研究会, 2015年 02月
  12. 船山貴光・山本義郎, ツイッター情報を活用した減災支援システムの構築へのオープンリソース活用, 科研費シンポジウム「空間データと災害の統計モデル」, 2014年 12月
  13. 飯塚・山本・栗原・垂水, Rによる入試入れ替わり率解析システムの拡張, 平成26年度全国大学入学者選抜研究連絡協議会大会, 2014年 05月, 独立行政法人大学入試センター
  14. 八木圭太・山本義郎,状況別OPSを利用した打者の特徴の数値化と分析への活用 ,第13回西東京統計研究会,2014年3月, 中央大学
  15. 船山貴光・山本義郎,移動OPSを用いた打者の調子の波の分析,第13回西東京統計研究会,2014年3月, 中央大学
  16. 山田実俊・山本義郎,顧客属性を用いた アソシエーションルールによるアンケート結果の要約と可視化 ,第13回西東京統計研究会,2014年3月, 中央大学
  17. 宗像昌平・山本義郎,小売りの形態別の顧客の嗜好の分析 ,第13回西東京統計研究会,2014年3月, 中央大学
  18. 郡川貴子・山本義郎, 大量データに対する2段階クラスタリングの視覚化,第11回西東京統計研究会,2012年3月, 統計数理研究所
  19. 山家仁美・山本義郎・今田恒久, KUDOの多変量片側検定とその近似法の検出力の比較, 第10回 西東京統計研究会, 2011年2月, 獨協大学(埼玉)
  20. 郡川貴子・山本義郎, 大量データに対する2段階型クラスタリングに関する考察, 第10回 西東京統計研究会, 2011年2月, 獨協大学(埼玉)
  21. 山家仁美・山本義郎, 多変量正規片側検定の棄却限界値と検出力の計算方法の提案とその評価, 科研費シンポジウム「生物情報を解明するための統計数学的基礎理論とその応用」,2010年12月, 東海大学代々木キャンパス
  22. 池谷利治・山本義郎・道家暎幸・中村智洋,適応性のある群逐次検定のシミュレーションによる考察,第9回西東京統計研究会,2010年2月24日,日本大学藤沢キャンパス
  23. 山家仁美・山本義郎,Kudoの多変量片側検定の計算法と検出力の評価,第9回西東京統計研究会,2010年2月24日,日本大学藤沢キャンパス
  24. 山本義郎,Webにおけるデータ公開と統計解析,統計数理研究所共同利用 研究重点テーマ「統計メタウェアの開発」共通公開研究会,2009年3月, 統計数理研究所
  25. 横山和弘・山本義郎・今田恒久・道家暎幸,多変量片側検定の検出力の評価と多重比較への適用, 第8回西東京統計研究会,2009年2月,神奈川工科大学
  26. 池谷利治・山本義郎・中村智洋・道家暎幸, Adaptive 群逐次検定方式について, 第8回西東京統計研究会,2009年2月,神奈川工科大学
  27. 朝岡昇平・山本義郎,多次元正規分布の象限確率の計算法とその評価について,第7回西東京統計研究会,2008年2月,東京理科大学
  28. 鈴木聡史・山本義郎,階層クラスター分析結果のBiplotを用いた視覚化法について,第7回西東京統計研究会,2008年2月,東京理科大学
  29. 山本義郎,データ解析環境Rの多面的利用,大分統計談話会第36回大会, 2007年10月,富士通大分システムラボラトリ
  30. 朝岡昇平・山本義郎,Web上でインタラクティブな視覚化を実現するWebGIS,第6回西東京統計研究会,2007年3月,東海大学
  31. 横山和弘・山本義郎,クラスター分析を用いた地理情報の表示法について,第6回西東京統計研究会,2007年3月,東海大学
  32. 鈴木聡史・山本義郎,階層的クラスタリング法の分割評価とbiplot,第6回西東京統計研究会,2007年3月,東海大学
  33. 舘島悠祐・山本義郎,多次元非心象限確率の計算法と群逐次検定への適用,第6回西東京統計研究会,2007年3月,東海大学
  34. 中村智洋・道家暎幸・山本義郎,Adaptive designsの群逐次検定方式へ の応用,第6回西東京統計研究会,2007年3月,東海大学
  35. 中村智洋・道家暎幸・山本義郎,群逐次検定方式の構築とその周辺課題, 科学研究費シンポジウム「研究開発における多重決定方式の活用」, 2007年2月,神戸国際会館
  36. 舘島悠祐・山本義郎, 多次元正規分布の象限確率の数値計算法について, 第5回西東京統計研究会, 2006年 3月14日, 明星大学
  37. 山本義郎, 多次元正規分布における確率計算法の幾何学的考察, 日本行動計量学会岡山地域部会第18回研究会, 2006年 3月11日, 岡山大学
  38. 飯塚誠也・山本義郎, 統計的グラフ表示・教育システムへのXMLの利用, 科学研究費シンポジウム「多変量同時解析モデルと関数データに関する研 究会」, 2005年11月, 同志社大学
  39. 山本義郎, 抗菌効果測定における統計処理について, 第4回西東京統計研究会, 2005年 3月, 中央大学
  40. 山本義郎・藤野友和, SVGとX3Dを用いた統計データの視覚的表示, シンポジウム「多変量同時解析モデルと関数データ解析の応用」, 2005年1月, 北海道大学
  41. 森 裕一・飯塚誠也・山本義郎, 項目選択手法規準の考察と統計調査システムの作成, シンポジウム「多変量同時解析モデルと関数データ解析の応用」, 2005年1月, 北海道大学
  42. Tomokazu Fujino and Yoshiro Yamamoto, XML-based graphics for statistics, 行動計量学岡山地域部会第13回研究会, 2004年12月, 岡山理科大学
  43. Keisuke Honda, Yuichi Mori, Yoshiro Yamamoto and Hiroshi Yadohisa, Web-based Statsitical System in "DoSS@d", 行動計量学岡山地域部会第13回研究会, 2004年12月, 岡山理科大学
  44. 山本義郎, XMLによる統計情報の処理と表示について, 第3回西東京統計研究会, 2004年 3月 明星大学
  45. 山本義郎, 統計情報の利用と活用のためのXML, 研究会「統計科学情報の高度利用」,2004年2月, 統計数理研究所
  46. 森 裕一,本多啓介,宿久 洋,山本義郎, 統計教育・学習支援としての データ指向統計解析環境"DoSS@d", 研究会「統計科学情報の高度利用」,2004年2月, 統計数理研究所
  47. 山本義郎, 統計教育のための解析事例データベース, 大分統計談話会, 2003年10月2日-3日 富士通大分システムラボラトリ
  48. 山本義郎, 統計教育のためのデータ・解析事例データベースの構築 第2回西東京統計研究会, 2003年 3月 東海大学
  49. 山本義郎, データ・解析事例公開のためのデータ記述とモデルの記述, 研究会「統計科学情報の高度利用」,2003年2月, 統計数理研究所
  50. 山本義郎、工藤昭夫,多次元正規片側検定関連の最近の発展. 第1回西東京統計研究会, 2002年 3月 東海大学
  51. 工藤昭夫、山本義郎, The Multivariate analog of the one-sided test revisited, 科学研究費シンポジウム「統計的推測とその応用 -幾何学的方法と特異モデル-」,2002年1月21-23 統計数理研究所
  52. 山本義郎, Web上でのグラフ表現, 科学研究費シンポジウム「データの表現法と解析法」,2001年10月23-24 北大
  53. T.Inoue, Y. Asahi, Y. Yamamoto and H. Yadohisa, A Prototype of Data Representation System. ISM Symposium 2001 - Statistical software in the Internet age -, 85-90, 2001年2月.統計数理研究所
  54. 山本義郎, 数量化III類を利用した相関ルールの視覚的表示, 科学研究費シンポジウム「データマイニングにおける統計的方法に関する研究」基盤研究(A)(1)「統計学における理論と応用の総合的研究」, 2000年12月, 中央大学
  55. 工藤昭夫、山本義郎、I.M. Sudiarsa, Geometric Consideration on Simple Loop Alternative: 非線形多次元正規片側検定の実用化を目指して, 科学研究費シンポジウム「統計的モデリングと推測に関する新展開」,2000年10月, 統計数理研究所
  56. 山本義郎, 統計グラフ表現へのVRMLの活用, 研究会「統計情報の高度利用」, 2000年9月, 統計数理研究所
  57. 山本義郎, 動作データの解析, YSGサマーセミナー, 2000年3月16-18, 因島
  58. Yamamoto Yoshiro, "Statistical Graphics on the Web", 統計学会研究部会「統計学におけるインターネットの利用」, 2000年2月, 統計数理研究所
  59. 山本義郎、水田正弘、川浪雅光, Mixed dataによる歯垢の予測の精度, 科学研究費シンポジウム「非線形統計モデルとデータ解析」,1999年 1月, 志摩
  60. 山本義郎、工藤昭夫, (p,q)配列上の順序制約の検定, 科学研究費シンポジウム「事前情報を持つ統計モデルの解析のための基礎理論とその応用」,1998年12月, 熊本大学
  61. 山本義郎, Webを利用した統計解析, 統計サマーセミナー 1998, 1998年 9月, 屋久島
  62. 山本義郎, 入れ替わり率解析システム, 統計スプリングセミナー 1998, 1998年3月, 神戸
  63. 山本義郎、垂水共之, Webを利用した統計解析 科学研究費補助金研究集会 「数理統計学における情報抽出の理論と応用に関する研究」, 1997年11月, KKR札幌
  64. 山本義郎, データ辞書を利用した統計解析システム, 統計スプリングセミナー 1997, 1997年3月, 指宿
  65. 垂水共之、山本義郎, 入試入れ替り率の動的表示, 科学研究費補助金研究集会 「多変量データ解析の利用による大学入試解析システムの開発」, 1995年12月, 大学入試センター
  66. 山本義郎、工藤昭夫、氏家勝己, 4次元正規分布の平均の片側検定のためのアルゴリズム, 科学研究費シンポジウム「多変量解析の理論と計算機」,1993年12月, 岡山大学

学位論文


受賞等
競争的研究費取得状況
Go Home ホームページ


最終修正 :